筆頭著者


毛利勝廣,鈴木雅夫,安田孝美,横井茂樹:天文教育におけるコラボレーションによる3次元C.G.教材の制作と活用,教育システム情報学会誌 VOL.17 No.3 2000 pp.425-434 CiNii
(教育システム情報学会第4回論文賞受賞)

Katsuhiro Mouri, Masao Suzuki, Takami Yasuda, Shigeki Yokoi: Production and Practical Use of Teaching Materials based on 3-dimensional Computer-graphics Technology with Collaboration in Education of Astronomy, The Journal of Information and Systems in Education Vol. 1, No. 1, 2002 pp60-69 CiNii
(Translation of Awarded Paper)

毛利勝廣,鈴木雅夫,山本晃裕,安田孝美:天文教材「パワーズ オブ テン」C.G.の制作と活用,情報文化学会論文誌,Vol.8,No.1,pp89-98(2001) CiNii

毛利勝廣,北原政子,松井昭彦,安田孝美:ネットワークを活用したプラネタリウム・コンサートの実践,情報文化学会論文誌,Vol.10,No.1,pp97-104(2003) CiNii

Katsuhiro MouriMamoru EndoKumiko IwazakiManabu NodaTakami YasudaShigeki YokoiDevelopment of a Planisphere Interface Ajax Web System Based on a Constellation Database for Astronomy EducationInternational Journal of Computer Science and Network Security,Vol. 8,No. 5,pp.11-16 (2008) Link


その他

入部 百合絵 , 安田 孝美 , 横井 茂樹 , 毛利 勝廣,デジタルサイエンスミュージアムにおける分散型ビデオクリップオンデマンドシステムの基礎手法(教育),情報処理学会論文誌 45(3), 1041-1052, 2004-03-15 CiNii

Mayu Kondo, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda,A Multiplatform Content Management System For Curators To Provide Teaching Materials In astronomy Education, Journal of Theoretical and Applied Information Technology, Vol4No9, pp.874-881(2008) Link

岩崎 公弥子 , 毛利 勝廣 , 安田 孝美,博物館の資料を活用した「教材パッケージ」の開発と実践,日本ミュージアム・マネージメント学会会報 14(4), 2-7, 2010-03 CiNii

岩崎 公弥子 , 後藤 昌人 , 遠藤 , 毛利 勝廣 , 安田 孝美,思い出をベースにしたバーチャルミュージアムの提案と開発,日本社会情報学会全国大会研究発表論文集 25(0), 441-444, 2010 CiNii

Kumiko IwazakiMasato GotoMisato WakataKatsuhiro MouriTakami YasudaDevelopment of digital science museum based on visitors’ memoriesJournal of Socia-Informatics Vol.5 No.1 (The Society of Socio-Informatics)pp.27-362012.9 Link

Y. CHEN, M. URATA, K. MOURI, T. YASUDADesign of a Time and Special Visualization System of Astronomy News, ICIC Express Letters, 56, pp.1935-19392011

Y. CHEN, M. URATA, K. MOURI, T. YASUDADeveloping Integrated Astronomy News Information System based on Curatorial Knowledge and Content Management, Journal of Computing, 42, pp.154-1632012) Link

Y. CHEN, M. URATA, K. MOURI, T. YASUDAAstronomy News Explorer in Use of Curatorial Platform for Knowledge and Content Management of Science Education, Computer Technology and Application, 3 pp.114-1252012) Link

K. IWAZAKI, M. GOTO, M. WAKATA, K. MOURI, T. YASUDA Development of digital science museum based on visitors’ memories, Journal of Socio-Informatics, 51, pp.27-362012) CiNii

正広 , 遠藤 , 山田 雅之 , 宮崎 慎也 , 岩崎 公弥子 , 毛利 勝廣 , 安田 孝美,天文教育に向けたスマートフォンの活用による対話型の星座検索モデルの提案,情報文化学会誌 19(2), 42-49, 2012-12-15 CiNii

岩崎 公弥子 , 遠藤 , 貴俊 [] , 毛利 勝廣 , 安田 孝美,博物館と連携したワークショップの可能性:―金環日食のワークショップの企画と実践―,コンピュータ&エデュケーション 35(0), 87-92, 2013 CiNii

塚田真未,川島卓也,水野慎士:運動視差を用いた立体視CGシステムの構築と科学館での活用の検討,情報処理学会研究報告,Vol.2013-DCC4,No.3,6pages(神奈川工科大学(神奈川県厚木市)2013.6/27-28)

岩崎 公弥子 , 遠藤 , 水野 慎士 [] , 浦田 真由 , 高木 英輔 , 後藤 昌人 , 毛利 勝廣 , 安田 孝美,科学館と大学・来館者の「つながり」がもたらす可能性とその試み : 名古屋市科学館開館50周年記念イベントにおける展示開発と実践,情報文化学会誌 20(1), 10-17, 2013-08-31 CiNii

Ke Tian, Mamoru Endo, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda :Multi-viewpoint Smartphone AR-Based Learning System for Astronomical Observation, International Journal of Computer Theory and Engineering, Vol.6,No.5, pp.396-400(2014) Link

Ke Tian, Mamoru Endo, Mayu Urata, Katsuhiro Mouri, Takami Yasuda : Multi-viewpoint Smartphone AR-based Learning System for Solar Movement Observation, International Journal of Interactive Mobile Technologies, Vol.8, No.3, pp.11-18(2014) Link



■関連した学位論文

1996年度 博士 
東海彰吾『CGにおける自然物および自然現象の表現に関する研究』(名大) NuRep
1995年度 修士 
加藤光章『』(名大)
1996年度 修士 林 誠
『』(名大)
1999年度 修士 
山本晃裕『』(名大)
2000年度 修士 
寺澤光芳『Web3D技術とネットワークを利用した天体軌道可視化システムの開発』(名大)
2000年度 修士 入部百合絵『』(名大)
2002年度 修士 青山和弘
『』(名大)
2003年度 博士 岩崎公弥子『「連携」「個別性」に基づくオンラインミュージアムの新たな役割に関する研究』(名大) CiNii
2006年度 博士 入部百合絵『分散化したデジタル教材の連携による統合的学習支援環境の構築に関する研究』(名大) CiNii
2007年度 修士 近藤真由『学芸員による天文教育を支援するためのコンテンツ管理システムの構築』(名大)
2010年度 学士 平松幸恵『光害観測活用支援のためのWebシステムの構築』(名大)
2010年度 博士 毛利勝廣『生涯学習における天文教育への情報技術の活用に関する研究』(名大)
CiNii
2011年度 博士 近藤真由『生涯学習および地域活動における市民向けWebメディアの利活用に関する研究』(名大) 
NuRep
2011年度 学士 吉川 遼『科学館における学習体験補助のための展示物背景情報提示システムの開発』(名大)

2012年度 博士 陳玉 鈴『Study on Integrated Astronomy News Platform and Curator Support Environment for Information Reconstruction』(名大) CiNii
2012年度 修士 髙木英輔『科学系博物館におけるプラネタリウムと展示をつなぐモバイルガイドの開発と評価』(名大)
2012年度 修士 平松幸恵『天文学芸員による夜空の明るさ観測活動を支援するWebシステムと展示物の開発』(名大)
2012年度 学士 小原直輝『科学系博物館における学芸員のための展示解説支援システムの検討』(名大)
2013年度 学士 梅田、小島、西本、森、山本/『天文を楽しく学ぶためのタブレット教材の開発と参加型ワークショップの実施』(金城大)

2014年度 修士 小原直輝『科学系博物館における学芸員が継続的運用可能なモバイルガイドシステムの開発』(名大)
2014年度 学士 松木友里恵『科学館におけるオープンデータ利活用に関する提案と考察』(名大)
2015年度 博士 
BATISTA, George Moroni TeixeiraStudy on Dynamic e-Learning Environments』(名大) NuRep
2015年度 修士 工藤 智祥『科学系博物館における位置連動型通知を用いた天文教育のためのモバイルガイドの提案』(名大)
2015年度 修士 近藤彩乃/『若者世代の来館者を増やす博物館の試み』(金城大)
2015年度 学士 鉾館 陸『定点カメラ画像を用いたリアルタイム星空分析システムの開発』(名大)
2015年度 学士 粟谷、岩佐、川口、杉山、田中、松村、峯澤、渡辺、石橋/『名古屋市科学館「デジタルタイムカプセル」の開発と評価』(金城大)
2016年度 学士 永井一輝『』(名大)
2016年度 学士 野中敢生『』(名大)
2016年度 学士 
伊藤薫人『』(名大)
2016年度 修士 黒川響子『』(名大)
2016年度 修士 中根貴和『』(名大)